冬に食べたい食材といえばユズ!意外な栄養素にびっくりかも!

冬といえばユズ

l-yuzu1

海外でもユズと呼ばれるこの果物は、古くから日本料理に使われ、色づけとしても、香り付けとしても、風味付けとしても使われてきました。寒さに強いので、東北地方でも栽培されているんですよ。ユズには青いものと黄色いものがありますが、青いものはまだ未成熟のもの。晩秋になると、黄色くなって、香りも引き立ちます。一番の旬は晩秋。スーパーに出回るのは12月ごろでしょうか。買うときには、皮がごつごつしていて、つやがあり、傷のないものを選ぶのがコツです。かたちがいびつでも大丈夫。味には支障ありません。

https://horti.jp/9665

ユズの栄養素

be97c7b2e50d9bba63ac7ed6cb42649d_s

ユズは果実より果皮を食べるもの。この果皮のビタミンCの含有量は柑橘類の中ではほとんどトップなんです。風邪防止には最適です。しかも、ビタミンB1やB2、鉄分、カリウム、カルシウムなども含まれ、栄養的には高得点。果皮を使って作るマーマレードには水溶性食物繊維のペクチンが含まれ、腸内環境を良くしてくれます。加えて、クエン酸リンゴ酸などの有機酸があり、疲労回復に効くと共に、カルシウムの吸収を助けて、骨を丈夫にしてくれます。結構万能な食材なんですねぇ。

http://rakuko.exblog.jp/7076948/

ユズの使い方

f219

ユズが料理のメインになることはあまりありませんよね。どちらかというと、引き立て役や隠し味、色を添えるような使われ方がします。それはそれでいいですが、例えばユズポン酢。ポン酢にユズを絞っていれるだけですが、風味が変わっておいしくなりますよ。サラダのドレッシングにしてもオツです。また、先程も申しましたが、ユズのマーマレードも、少々の苦みと甘みが合わさって、色もきれいに仕上がります。果実を絞って、少々の砂糖を加えて凍らせて、グラニテにしてもおしゃれですね。最後に亜流ですが有名なユズ湯。体を温めてくれ、ユズの精油成分が肌をなめらかにしてくれます。

冬になると出回るユズ。おいしく健康に食べて、体を温めて冬を凌ぎたいですね。

http://www.zojirushi.co.jp/recipe/
http://www.yuzusato.jp/shopping/rot003.html

食べるの大好き、調べるの大好き、栄養バランスを考えて健康体でいたい。それを目標に、料理も外食も楽しんでいます。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

外見はトゲトゲ!中身はトロ〜リ、ウニの美味しい情報!

aimingn

味も香りも栄養も満点!香味野菜エシャロットで美味しくキレイに

Mme.Pistache

栄養が詰まっているメカブ!疲れたときはぜひ

fika (フィーカ)

江戸っ子ならでは!蕎麦で健康に!

ふじなみまき

チンゲンサイをもっと身近に〜栄養たっぷり優秀野菜

奈南有花

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧