赤・白・黄色に緑・・・黒!?

黒いトマト?!

1

トマトと言えば、赤のイメージですよね。でも今はそうじゃないんです!
白色のトマト「チェリースノーボール」、黄色のトマト「ゴールデンミニトマト」、緑色のトマト「グリーンゼブラ」、たくさんの色があるんです。

そして、黒いトマトもあります。黒いトマトは中玉の「ブラックプリンストマト」、細長い「ブラックプラムトマト」 、「ブラックチェリートマト」などがあります。トマトの色の違いは、栄養素の色です。赤・黄色はカロテノイド系、白はフラボノイド系、緑はクロロフィル、そして黒はアントシアニンです!

http://img05.shop-pro.jp/

赤いトマトより黒トマト

2

いトマトの色素の正体は「アントシアニン」です。アントシアニンといえば、ブルーベリーの色素でおなじみですね♡

目にいいとされているポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があります。そしてトマトといえばこちらも抗酸化作用のある「リコピン」ですよね。他にもβカロテンやリノール酸などが含まれています。リノール酸は、脂肪を燃焼させる遺伝子を増やすと言われています。

黒トマトも赤いトマトも栄養素は同じですが、リコピンは黒トマトの方が豊富に含まれています。黒トマトは、リコピンとポリフェノール、2つの強い抗酸化作用のある栄養素を含んだスーパートマトです♡

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/

抗酸化作用ってなに?

3

黒トマトには抗酸化作用のある栄養素が2つも含まれていますが、抗酸化作用って何でしょう?

よく耳にするけど、何となく身体にいいんだってことしか分かりません…。
老化防止です。アレです!アンチエイジング!老化は、全身の細胞から発生する活性酸素によって身体が酸化してしまうことを言います。
その酸化を抗(さからう、ふせぐ)する作用がつまり、『抗酸化作用』です。ポリフェノールとリコピンの他にも、βカロテン、ビタミンC・Eも抗酸化作用があります。

黒トマトには2つだけじゃなく、抗酸化作用のある栄養素がたくさん含まれています!抗酸化作用のかたまりなんです♡

http://kura3.photozou.jp/

黒トマトの中でも、ブラックチェリートマトは、鉢植えで簡単に育てられる品種です♡ベランダでも育てられます。
甘み酸味もあるとてもおいしいトマトです♪

https://ryorisapuri.jp
http://foodslink.jp/
http://antiaging-life.info/

料理も食べるのも大好きです。一緒にいろんな食材の知識を増やしていきましょう♪
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

見た目で判断したらダメ!実は栄養のあるもやし

Takahiromaru

博多土産の定番「明太子」をご紹介!

ぶぅた

疲れたあなたを癒す・・・セロリを食べてみませんか?

uncercle

女性にうれしい冬野菜、ちぢみほうれん草を食べましょう!

tako

ココナッツでキレイ&健康になる!もっと知りたいココナッツ

奈南有花

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧