辛い!けど美味しい!生のトウガラシを食べてみよう 

辛味といえばトウガラシ!

トウガラシ 1

トウガラシは中南米原産のナス科の植物です。
果実に辛味成分であるカプサイシノイド類を持つため辛味スパイスとして世界中で広く利用されています。

日本では主に鷹の爪と呼ばれる細長い品種が利用されており乾燥、粉砕して一味唐辛子や七味唐辛子としてお料理のアクセントとして活躍しています。でも実は、トウガラシは生のまま利用すると辛いだけじゃない、美味しい主役になれるのです!

http://s29fan.blog76.fc2.com/blog-entry-2.html

どんな風に使う?生のトウガラシ

トウガラシ 2

トウガラシの一番辛いところはどこでしょう?
実はタネの付いている胎座と呼ばれる白い部分が最も辛いのです。お料理に使うときには、この胎座とタネを取り除くと辛味が和らぎます。

トウガラシを細かく刻んで、トマト、パクチー、タマネギ、ニンニクのみじん切りと一緒に混ぜて、ライムをかければメキシコの万能ソース、サルサメヒカーナになります。辛すぎるときはピーマンを入れてもOK。タコスだけでなくサラダや肉、魚にかけても美味しいですよ。

また、トマトソースを作るときに生のきざみトウガラシを入れれば激辛プラストウガラシの旨みのあるソースになります。

http://allabout.co.jp/gm/gc/418606/

漬け込んで使う 生のトウガラシ

トウガラシ 3

生のトウガラシは、オイルや酢漬けにして楽しむこともできます。

トウガラシにつまようじで少し穴を開け、オリーブオイルに入れておくだけ。オイルにトウガラシの香りや辛味が移ります。イタリアではピカンテ・オイルと呼ばれています。パスタやピッツァなど色々な使い方で楽しめます。

また、ピクルスのように酢に漬け込む方法もあります。漬け込まれたトウガラシは、そのままサラダや魚、肉料理の付け合せにしたりきざんでマヨネーズと混ぜればピリ辛タルタルソースになります。

http://mi-journey.jp/foodie/11097/

生のトウガラシは、乾燥トウガラシとは違った美味しさがあります。
そのフレッシュな香りや辛味を是非お料理で楽しんでください。

食べることが大好きな主婦。美味しいものアンテナの感度は良好です。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

ジュワッ!美味しい桃の選び方

nayuta

松阪牛、近江牛、米沢牛。日本三大和牛、それぞれの特徴って何?

網野新花

老若男女に愛される食材、枝豆☆

Alice

汗を出してデトックス!!辛い食材まとめ7選

CUiSiNE編集部

モチップルッ♡タピオカの秘密って?

ひよこ

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧