英国風とアメリカン。ローストビーフの起源とスタイル

ローストビーフの起源「サンデーロースト」

#sundayroast 🐄

@aprilmhが投稿した写真 –

かつてイギリスの貴族は、日曜日に牛を焼きその残りで平日の食事をまかなっていました。ローストビーフの調理法の起源はこの「サンデーロースト」です。また、日曜日に焼いた肉を平日にもおいしく食べる手段として、当時の植民地インド由来のカレーを作る文化が生まれました。こうしてカレー料理、ビーフカレーは世界各地へ広まりました。

シンプルな調理法ゆえにアレンジメントに幅がでた

S__10657822

イギリスの食文化はシンプルで手間のかからない調理法。オーブン・ダッチオーブンを使った鶏の丸焼きやローストビーフはその代表で料理法は非常にシンプルです。「素材をそのまま」のなイギリス料理の文化をよく反映していますね。「焼くだけ」という簡単な調理法ゆえに味付けや焼き方など、各地で多様なアレンジがなされました。今回はレストランで食べられるローストビーフの代表、元祖英国風とアメリカンスタイルの2種類をご紹介します。

英国風ローストビーフ

12463964_546057478882908_1830024707_n

最も定番のローストビーフ、薄く切っていただきます。付け合わせはヨークシャプティング。英国大使館総料理長のレシピでは、塊肉はオーブンで焼いたら網等にのせてラップをかけ、焼いた時間と同じだけおいてから切ります。またオーブンに落ちた肉汁をソースに仕上げ(これが”グレービーソース”です)油でヨークシャープディングを焼き上げるのだそう。写真はホテルオークラのローストビーフ。伝統の和牛を使っています。

アメリカンスタイルのローストビーフ

S__10657821

イギリスの伝統文化を受け継ぎ、アメリカでもローストビーフは重要なポジションを占めています。ラスベガスのホテルでもブッフェにはローストビーフがかかせません。またアメリカのローストビーフでは「プライムリブ」が使用されるのも特徴。リブ=あばら骨の最上級の部分です。特製スパイスを塗った上質な骨付き牛肉をじっくり焼き上げています。写真は恵比寿にあるLawry’s The Prime Rib, Tokyoのローストビーフ。ラスベガスにもあるお店です。 

料理・グルメが大好きな大学4年生。ABCクッキングスタジオ講師、レースクイーン、シャンパンMUMMのイメージガールをやっています。
雑誌ananWebマガジンにてオリジナルレシピ「誰でも料理上手!なモテレシピ」を連載中。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

中濃、とんかつ、ウスター…ソースの違いを知って使いこなそう!

goldblue

食物繊維とゴボウ。「腸」美人の秘訣とは!?

リボン

食べるだけじゃない!美容と健康にいいアボカドオイル♫

fika (フィーカ)

ビタミンC の王様イチゴの賢い摂り方

モジハル

お米をつめてると思ってました!イイダコ

uncercle

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧