セロリは捨てるところがない!葉っぱも全部食べて欲しい

意外と古い、セロリの歴史

Bunch of Celery

独特の香りを持つセロリは、古代ギリシャ時代から食べられている野菜で、和名を「オランダミツバ」と言います。茎や葉の色の違いにより、緑色種、中間種、白色種、赤色種、黄色種などがあります。主に食べられているのは香りの良い中間種です。

最初に日本に入ってきたのは16世紀。加藤清正が朝鮮出兵の際に「東洋種」を持ち帰ったといわれています。その後江戸時代に入ってから「西洋種」がオランダからやってきましたが、日本人には香りが強すぎたようで、定着しませんでした。

現在よく食べられているセロリはアメリカの品種で、ここ40年ほどで日本にもすっかり定着しました。

http://www.yasainavi.com/zukan/celery.htm

セロリの栄養は軸だけじゃない!葉も食べて欲しい!

Celery on cutting board

セロリは一般的に太い軸の部分を利用します。サラダやスープ、肉や野菜のにおい消しなど、香味野菜としても重宝されます。

セロリにはβ-カロテン、ビタミンB群、カリウム、食物繊維など栄養成分がたっぷり含まれています。カリウムはむくみ予防に有効ですが、バナナなどのフルーツと比べるとカロリーが低くいので太るのを気にしなくて済みますよね!

また、葉の部分には軸の2倍ものβ-カロテンが含まれています。せっかく食べるなら、軸だけでなく葉も一緒に食べた方が効果的です。

http://www.kewpie.co.jp/yasai/erabu/yasai_spring/celery.html

セロリの保存法と美味しく食べるセロリの葉の利用法

セロリ

セロリは鮮度が落ちると色が悪くなるので、葉の緑色がキレイなもの、軸に張りがありみずみずしいものを選びましょう。買ってきたら、葉と軸を切り分けて保存します。それぞれを袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。冷凍保存も出来ますが食感悪くなるので、凍らせたものはスープや煮物などに利用します。

セロリは葉の方が栄養があるので絶対捨てないで!セロリの香りが苦手な人は佃煮やきんぴらに。甘辛い味でご飯もすすみます。天ぷらも美味しいですし、生でも平気ならサラダに入れると独特の香りも楽しめます。ナムルやガーリック炒めにしても美味しいですよ。

http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/celery2.htm

セロリは筋以外は葉っぱもすべて食べられて捨てるところがないんですね。香味野菜としてスープなどに使うとワンランク上のシェフの味になるかも!?

私たちは食べたものでできている。内側から輝くために、”いいもの””美味しいもの”をたくさん食べようと思う3児の母です。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

これからの季節、ぜひともBBQで!注目したい鶏肉パワーとは?

ひよこ

大きくなれば竹になるの? タケノコって不思議

ふじなみまき

味噌汁でおなじみのアオサのことを知ろう!

戸塚の海人

食べ物なの?知る人ぞ知る果物 じゃばら

sana

アップルマンゴーは切り方が難しい!食べごろと切り方を解説!

奈南有花

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧