湿ったきのこ、それがしめじです

食感が楽しい、しめじ♪

しまじ 1

しめじは漢字で「占地、湿地」と表記し、一面に多く生えるという「占める」と湿地に生える「湿る」という2つの意味をもちあわせています。ぶなしめじは和洋中と様々な料理に合うので使いやすく、味もくせがないため食べやすいきのこです。軸が太く食感もあるので、きのこのソテーや鍋料理、お吸い物の具としても存在感があります。ホンシメジは天然物に限られ希少なため高級品とされ、グアニル酸、グルタミン酸、アスパラギン酸などの旨み成分に富んでいます。市場に流通いているおなじみのしめじはブナシメジで人口栽培で育てられています。ヒラタケやマイタケ、エリンギなどはきのこ類ではありますが、しめじには入りません。

http://goo.gl/LsWNxQ

キノコといえば、ぶなしめじ!?

MIL05071//1

ぶなしめじはカルシウムの吸収率を上げるビタミンDが含まれ、免疫力や細胞の代謝機能をアップしたり、ストレス対策効果があります。糖質の代謝をサポートするビタミンB1、脂質の代謝を促進するB2、脂質、糖質、たんぱく質の代謝に不可欠なナイアシン、旨み成分でもあるリジンなどの栄養も含まれています。リジンは必須アミノ酸の一種であり食品から摂取しなければなりません。またオルニチンも含み、疲労回復効果や肝機能強化、コラーゲン生成や肌の新陳代謝アップにも効果があります。100gで18kcalと低カロリーのため、ダイエットや血糖値、コレステロールが気になる人にはオススメの食材です。

http://zukan.kids.yahoo.co.jp/food/kind/vegetable/0033.html

ぶなしめじの選び方や保存方法について

3

一般的に食べられるようになったのは1970年に世界初のぶなしめじ人工栽培が成功してからとのことでした。ぶなしめじの選び方としては、カサが開きすぎず、弾力があり、カサと柄がしっかりしているもの、全体的に一株にまとまっているものの方が味も香りもおすすめです。傷みも早いので、残ったしめじはラップに包んで冷蔵庫で保存し、3~4日で使い切るようにするのが良いです。冷凍保存の場合は石づきをカットし、小房に分け、袋に入れて約1ヶ月ほど保存が可能です。自然解凍か、凍ったまま調理してもOKです。天日干しにするとしめじに含まれるアミノ酸がさらにアップし、太陽に当てることでしめじのビタミンDもふえます。

http://goo.gl/5UKV0H

ぶなしめじは手軽に料理でき、栄養価もあり、ヘルシーな食材のため、日常的に取り入れ、日々の献立に役立てていきたいですね。

旬のもの、美味しいもの大好きなフィーカです。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

桃栗3年、スターアップル7年!

Alice

野菜の赤ちゃん!スプラウトに大注目。

たろう

デコきゅうって聞いたことありますか?

uncercle

「肉」って結局健康に良いの?悪いの?肉食生活のススメ

網野新花

スイーツのような果物 カスタードアップル

グリーンナッツ

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧