『蓴菜』←何て読むか分かりますか?

正解は、『ジュンサイ』です。

じゅんさい 1

正解を聞いても何なのか知らない人も多いかも知れませんね・・・。私がジュンサイを初めて見たのはお寿司屋さんでした。何あれ?海藻?と思いました。ジュンサイはスイレンなどと同じ水草なんです。若い芽や葉が食用になります。

緑のところの周りを囲んでいる透明の物体は、『ムチン』という成分で、納豆やオクラなどのねばねば成分のもとになっている成分です。この『ムチン』のおかげで独特な寒天のようなトゥルンとした食感が生まれます。

http://img05.shop-pro.jp/

気になる『ジュンサイ』

ジュンサイ2

ジュンサイの栄養価は残念ながらほとんどなく、95%以上が水分です。周りを覆っているムチンは粘膜の保護、免疫力アップに効果があるといわれています★ポリフェノールはたっぷり含まれています♡

秋田県の特産品で初夏から夏にかけてが旬です。秋田県では郷土料理とされているのですが、地域によっては絶滅危惧種とされている貴重なものです。歯が開く前、つぼみのような状態に木船に乗って、手作業で摘み取られます。秋田の夏の風物詩です。旬の時期だけ生のものが味わえます。

http://www.hisuinosato.com/back_number/2008/07/post-686.php

どんな味?食べ方は?

ジュンサイ 3

旬の時期以外ジュンサイは水煮にされて瓶詰などで売られています。味わって食べるというより、そのつるっとした食感を味わうものです。生の物はサッと湯通しして、酢の物や汁物に使うのが食感を楽しめる食べ方です。

高価なので難しいですが、鍋にたっぷり入れて食べるのも美味しいそうですよ♡ジュンサイはほとんどが水分なので、味を損ねることがありません。利用できる範囲は広そうです。コンソメスープなどの浮き身にしても食感を楽しめます。

https://matumoto.co.jp/

ジュンサイの収穫時期は4月下旬から9月上旬、最盛期は初夏のころです。ぜひトゥルンとした食感を味わってみてくださいね♡

料理も食べるのも大好きです。一緒にいろんな食材の知識を増やしていきましょう♪
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

長野県代表! 日本三大漬物といえば野沢菜!

ふじなみまき

暑い季節にぴったりなウリとは?

fika (フィーカ)

タウリン・ビタミンB2豊富のタコ

Takahiromaru

からしとマスタード!?実はぜんぜん違います。

fika (フィーカ)

香りを楽しむ野菜・ミョウガは食べ過ぎてもバカにならない?

奈南有花

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧