しずく型のかわいいタイマンゴーで美肌効果!

60種類もあるタイマンゴー

Mango

マンゴーらしい、柔らかい黄色が特徴のタイマンゴー。別名ゴールデンマンゴーとも呼ばれます。

タイでは実に60種類以上ものマンゴーの品種が栽培されています。そのうち、現在日本に輸入されているのは、ナムドクマイ種、ナンカンワン種、ピムセンダン種、ラッド種、マハチャノ種の5種類で、日本人にはナンドクマイ種が好まれています。

ナンドクマイとはタイ語で「花のしずく」という意味がある通り、可愛らしいしずく型をしています。フィリピンマンゴーよりも大きな実で、果肉は甘みが強く濃厚な味わい。それでいてなめらかで繊細な食感は日本人にもとても人気があります。

http://globalfruit.co.jp/knowledge/mango-thailand/

美肌作りにも最適!タイマンゴーの栄養素とは?

Mango sliced and peeled

タイマンゴーには豊富なβ-カロテンが含まれています。β-カロテンは体内でビタミンAに形を変え、目の健康を保つのに役立ちますが、皮膚や粘膜の健康維持にも欠かせない栄養素です。ビタミンAが不足すると鼻や喉の粘膜が弱くなり風邪を引きやすくなるとともに、肌荒れや肌のかさつきといった症状が起こります。

ビタミンC、ビタミンEも豊富に含まれているので、ダブルの抗酸化作用で風邪を予防するとともにシミやシワ、肌の老化防止に役立ちます。アンチエイジングに効果があります。

http://goo.gl/dTZZ8o

そのまま食べるだけじゃない!タイマンゴーの楽しみ方

Close-up of a slice of mango

マンゴーというと、お花のように開いて食べるのが一般的ですが、タイマンゴーの美味しさを知り尽くした現地では、様々な食べ方で楽しまれているようです。

熟したタイマンゴーはココナッツミルクやヨーグルトかけたりしてデザートとして食べる、まだ熟していないものは、ナンプラーやエビ味噌といった東南アジア料理にはよく使われる調味料と一緒に食べるそうです。どんな味がするんでしょう。

日本人にはマンゴーというとフルーツ、デザートのイメージしかありませんが、現地では熟していないものをサラダなどで食べるのも普通だそうです。沖縄で青いパパイヤを料理に使うのと同じ感覚かもしれませんね。

http://www.zzlli.com/61.html

マンゴーにそんなに種類があったとは!同じタイマンゴーでも5種類も輸入されているのですから、味の違いなどを試してみたいですね!

私たちは食べたものでできている。内側から輝くために、”いいもの””美味しいもの”をたくさん食べようと思う3児の母です。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

女性の為のフルーツ!杏で貧血・冷え症・便秘etcを改善しよう

goldblue

夏の体調管理にスイカがぴったりな理由とは

satoue

最高級抹茶の代名詞。宇治抹茶を知ろう!

satoue

ギネスブック認定!世界一大きな果実のジャックフルーツ♪

yuri

漂うは皇朝の香り、栄華に花を添える黄茶

evaran8

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧