色や形がレモンに似たトマト!?レモントマトとは?

レモントマトとは

レモントマト 1

色や形がレモンに似たトマトで、酸味はなく、糖度が高く甘味があり、味はしっかりとしています。フルーツとして販売販売している国もあり、黄色いケチャップの原料としても使われています。皮や果肉がしっかりとしていて、サラダには輪切りにして使用、皮も湯剥きすると良いでしょう。

プラムレモントマト(Plum Lemon Tomato)やワンダーライト(Wonder Light)ともよばれます。ミニトマトよりも少し大きいサイズで7cm~10cm、150~180gほどです。家庭菜園も可能、一般的なトマトと同じ栽培方法です。種蒔きは4~7月、発芽適温は20~30℃、栽培温度10~35℃、収穫は80~85日です。

https://goo.gl/EgwIKC

トマトの栄養について

トマト 2

トマトは緑黄色野菜で、ビタミンAになるβ-カロテンをやや多く含んでいます。免疫賦活作用や粘膜や皮膚、髪の健康維持、視力維持、喉や肺などの呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。トマトの赤い色はリコピンといわれる色素で、カロテンの一種です。β-カロテンとは異なり、リコピンそのものが活性酸素を減らす働きがあります。

またお酒を飲むときにトマトを一緒に食べると、血液中のアルコール濃度が30%ほど低下するということで、お酒を飲む時には、おつまみなどにトマトの入ったサラダやトマト料理を一緒に食べると、アルコールが完全に分解される時間も速くなるので効果的です。

http://www.marcheaozora.com/?pid=100811821

トマトの旬の時期と産地

トマト 3

トマトはナス科トマト属で、原産地はアンデスの高地といわれ、トマトの品種は、世界中に何千種類とあります。16世紀頃にジャガイモとともにヨーロッパに渡り、19世紀になって食用として広く栽培され始めました。イタリアやスペイン料理にもかかせないものとなっています。

トマトの旬は6~8月の夏で、味的には春から初夏の時期と秋になります。トマトの糖度は、日光をたっぷり浴びて、比較的乾燥した気候の中で上がり、栄養価も高くなるようです。国内の生産地では、熊本、北海道、茨城、愛知、千葉などで栽培されています。世界の収穫量では、中国、インド、アメリカ、トルコ、エジプトとなっています。

https://growitcookitcanit.com/tag/tomatoes/

スーパーなどでも、ほとんど見かけないレモンにそっくりなトマトは、今後注目していきたいところですね。パプリカのようにトマトもカラフルなものがあると、サラダの盛り付けも楽しそうです。

旬のもの、美味しいもの大好きなフィーカです。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

緑のグレープフルーツ?スウィーティーって知ってる?

モジハル

あまーい香りでみんなを魅了!アニスの魅力に迫る!

ふじなみまき

見た目はブリに似てるけど、味は負けてない!ヒラマサ!

ふじなみまき

インドカレーにはターメリックが必須

fika (フィーカ)

「奇跡の野菜」ビーツの栄養素がすごい!

satoue

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧