“ズッキーニ”の魅力を探って!

”ズッキーニ”はどこからきたの?

ズッキーニ 1

”ズッキーニ”の魅力はその鮮やかな色彩です。さて、どこからやってきたのでしょうか? 実は”カボチャ”に属する野菜です。
ズッキーニの故郷は、遠く離れた地球の裏側南米メキシコがどうやら故郷のようです。その南米メキシコの巨大カボチャが原種とされており、
発祥の地とされています。そんな不思議な魅力が満載のズッキーニは、世界で様々な名前で呼ばれています。
南米メキシコでは”サパージョ イタリアーノ”と呼ばれ、海を越えたイタリアでは”ズッキーナ”と呼ばれ、ヨーロッパで料理に登場するようになったのは1950頃からのようです。長い間人々に親しまれながら、愛され続けている謎めいている、可愛い存在の食材です。

http://goo.gl/tH6HwU

”ズッキーニ” 種類ってあるの!?

ズッキーニ 2

そのズッキーニの種類はバラエティ豊かで、よくお目見得する、長細い形。日本で一般的に売られてる品種は、緑色の”グリーントスカ”ですが、形が同じで、色違いの黄色の”オーラム”やズッキーニの花が開花する前に収穫される”花ズッキーニ”などが今日では有名になってきています。その花ズッキーニの食べ方は面白く、中にチーズや肉などを詰めて食べるそうです。また、私たちには余り馴染みがありませんが、球形のズッキーニなど、中でもとても可愛いくユニークなのは白色でUFOの形で親しまれている、”アザラシ”など様々な品種があります。そしてまさに、”ズッキーニ”の旬はこれから5月~9月頃までが美味しいく味わえます。

http://goo.gl/2RE8aA

どう食べる?

ズッキーニ 3

日本ではまだ歴史が浅い”ズッキーニ”ですが、ヨーロッパではこんな食べ方をしています。南フランスでは”郷土料理”ラタトゥイユと言う煮込み料理が古くから食べられています。煮込む、炒めることにより甘味や旨味が凝縮され、野菜本来の旨味が味わえます。さすが煮込み料理が多いフランスらしい食べ方です。また、イタリアでも古くから”大活躍”イタリアでは多くの乾燥食材が日常的に料理に活用されています。乾燥トマトと同様に、乾燥させたズッキーニをオリーブオイルに漬け込み保存食として、冬に不足しがちなビタミンをとる手段として。食感は独特で加熱すると、ナスの食感に似ています。不思議な食材”ズッキーニ”をお楽しみください。

http://lacenetta.exblog.jp/12096759/

いかがでしたでしょうか?日常の中では、余り馴染みがない食材も、手にとって挑戦してみては!?
そして夏の野菜を上手にとることにより、夏バテ防止の身体を作りましょう。

http://goo.gl/tH6HwU

http://lacenetta.exblog.jp/12096759/

食材は料理をモードする クラシックな料理大好き♪
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

庶民の味方プリンスメロンが幻になりつつある?

奈南有花

こんにゃくを味方にしちゃえば、ダイエットも…!?

じゅんじゅん

実は愛の象徴だった? ハマグリを食べて恋を叶えよう!

ふじなみまき

山芋は天然の胃腸薬!?消化吸収を助ける体に優しい食材

ちっちど

実はあまり認識されていない!?山形牛と米沢牛の違いとは?

網野新花

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧