風邪予防にもよいヘチマ〜疲れたらヘチマで免疫力アップ

沖縄料理でおなじみのヘチマ

Loofah

ゴーヤと並んで夏のグリーンカーテンとしてガーデニングでも人気のあるヘチマ。インドなど熱帯地方原産の植物で、夏から秋にかけて花が咲き、実は大きいものだと60cmもの大きさになります。ヘチマの歴史はとても古く、2000年も前から作られている植物で、日本には江戸時代に中国から渡ってきました。その頃から食用にされていた記録が残っています。

日本各地で育てることが可能ですが、料理に使うというとやはり沖縄料理が思い浮かびますね。沖縄では「ナーベラー」と呼ばれ、とてもポピュラーな食材です。

http://www.softcare.jp/philosophy1-9.html

ヘチマのヘチマサポニンは驚くべき健康効果が!

luffa cylindrica

サポニンという配糖体の一種である栄養素には色々な種類があり、ヘチマサポニンもそのひとつです。ナチュラルキラー細胞という免疫に関わる細胞を活性化させ、ウィルスや細菌から身体を守る働きがあります。風邪を引きやすい、風邪が治りにくいという方は積極的に摂りたい栄養素です。

咳やを鎮めたり、端を取り除いたりする働きもあるので、ヘチマは風邪の時には嬉しい食材なんですね。他にも、血流を良くしたり、悪玉コレステロール値を下げる働きも。生活習慣病の予防にもなり、脂っこいものがお好きな方におすすめの食材です。

http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/saponin/

美味しいヘチマをもっと食べて欲しい!

_1437142448_20630

ヘチマは熟してしまうと固くて食べられないので、未熟な緑色のうちに収穫をして皮を向いて食べます。両方のヘタも落とします。きゅうりと同じウリ科の植物ですが、きゅうりと違って生では食べられません。

ヘチマを美味しく食べるコツは水分も考えて調味料を入れること。水分たたっぷりのヘチマは、調理をしているうちにどんどん水分が出てくるので、普通の野菜のように調味料を使っていると、出来た時にはとても薄味になってしまいます。調理法としては、煮込み料理、炒め物、天ぷら、汁物など幅広く使えます。

https://kaumo.jp/topic/44082

化粧水やタワシなどでおなじみのヘチマですが、健康効果も高い食材です。淡白な味で食べやすいので、色々と料理に使ってみて下さい!

http://plaza.rakuten.co.jp/makiplanning/diary/200804080000/
http://www.yasaiyasai.com/name/a/uri/hechima.html

私たちは食べたものでできている。内側から輝くために、”いいもの””美味しいもの”をたくさん食べようと思う3児の母です。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

可愛いだけじゃない!?知られざるスターフルーツの魅力!

mijouter

湿ったきのこ、それがしめじです

fika (フィーカ)

なめこのぬめり「ムチン」でキレイになろう♪

Jellyf

ベトナム人のスリムの秘密!?フォーで栄養満点のダイエットを

goldblue

クレメンティンってなに?果物?野菜?

奈南有花

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧