食べなきゃ損!?意外と身近な食材「もち米」

もち米は普段食べているお米と違うの?

稲穂

私達が食べているコシヒカリやヒノヒカリ等のお米は、うるち米と呼ばれています。
うるち米ともち米はまず見た目が違い、うるち米の米粒は透き通っているのに対し、もち米は白く不透明になっています。うるち米にはアミロースとアミロペクチンというでんぷんの成分が含まれていますが、もち米はほとんどがアミロペクチンです。
このアミロペクチンが粘り気の特徴であり、もち米はうるち米と比べモチモチとした触感になっています。

そんなもち米ですが、実は病気にかかりやすく、繊細な手入れを必要とし手間がかかります。
うるち米と比べると、手間のかかる貴重なお米であり、特別な日に食べられる場合が多いです。

餅だけじゃない!もち米は私たちの身近な食品にも

団子

流通量が少なく、お正月や祝い事で食べられる機会の多いもち米ですが、その粘りのある触感を活かし様々な食品に用いられています。
もち米のままであれば赤飯、ちまき、炊き込みご飯、おはぎ等があり、もち米を粉にした米粉を使うと、白玉や団子、大福、求肥(ぎゅうひ)等があります。

ちなみにかるかんや柏餅等はもち米が原料ではなく、上新粉といううるち米を粉にしたものを使います。もち米から作った米粉はモチモチ・しっとりとした生地作りに用いられることが多いです。
癖のない味ですので他の食材との相性も良く、メインの料理や和菓子など様々なアレンジに応用できます。

もち米はダイエット中も食べていいの?

紅白餅

色々な食品に使われているもち米ですが、太りやすいイメージはありませんか?
しかしもち米自体は高カロリーというわけではありません。
例えば普通の餅2個でしたらご飯1杯分と同じくらいのカロリーになります。もち米は弾力があるのでよく噛む必要があり、むしろ腹持ちが良い食材といえます。

食べ過ぎには注意をしなければいけませんが、食べごたえがあるのでダイエット中にも扱いやすい食材といえます。

もち米は特別な日はもちろん、普段の食生活にも取り入れやすい食材です。うるち米の代わりにもち米を使って料理してみるのも面白いかもしれないですね。

 

http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1101.html
http://textview.jp/post/cooking/19182
http://column.asken.jp/purpose/purpose-3197/

食べることが大好きな1児の母です。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

紅色に彩る薬味“紅葉おろし”

Piccolino

外見はトゲトゲ!中身はトロ〜リ、ウニの美味しい情報!

aimingn

焼肉を巻くだけではもったいない!サンチュを使いこなそう

森 ハンナ

からしとマスタード!?実はぜんぜん違います。

fika (フィーカ)

甘い香りも人気のバニラ

uncercle

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧