おうちで育てて、かいわれ大根をたくさん食べよう!

かいわれ大根は栄養たっぷりの発芽野菜!

d0063218_1929127

最近話題になっているのが、発芽野菜のスプラウト。栄養価も高いことから注目を集めています。かいわれ大根もこの発芽野菜です。他にもブロッコリーや芽キャベツ、もやしなどがあります。これらの発芽野菜はミネラル、ビタミン類が多く含まれていて、ガンの予防にもなると言われています。

特にかいわれ大根のピリっとくる辛味はイソチオシアネートといってがん抑制効果に優れていたり、オキシターゼという発ガン物質を分解してくれる成分も含まれています。その他にも、食物繊維やビタミンKが豊富に含まれていたり、消化を助けてくれるジアスターゼ、肌を蘇らせるフィトケミカル、不眠に効果のあるメラトニンと、なども含まれています。

http://salacos.exblog.jp/8634302/

新鮮なかいわれ大根の見分け方と保存方法

100301img_6844

かいわれ大根は、茎が真っ直ぐにピンとしていて、葉もきれいな緑色をしているものが新鮮です。ただ、スーパーで買ってきても、そのまま冷蔵庫にいれておくとダメにしてしまうこともありますよね。もちろん、買ってきてすぐ食べてしまうのが一番ですが、すぐに食べない場合もありますよね。

そんな時に新鮮さを保つは秘訣としては、根元(スポンジの部分)を乾燥させないことです。パックのままで良いので、水をできるだけ毎日変えるようにします。こうするとだいたい一週間くらいはもつようです。茎の部分がしなっとなっていたり、葉が黄色くなってしまった場合は鮮度が落ちている証拠です。

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/141998/126270/62297102

あっという間に育てられるかいわれ大根

kaiware

栽培を始めて一週間ほどで食べられて、道具も家にあるものでできてしまうので、家庭菜園初心者にはもってこいの野菜です。

まず用意するのは、スーパーの発泡トレイ、コップなどの容器。そこに、スポンジ又は脱脂綿やキッチンペーパーなどを敷いて濡らします。その上に種を重ならないように撒いて、霧吹きなどでしっかり種を濡らします。あとは、発芽するまでは光があたらないように、アルミホイルなどをかぶせます。(かいわれ大根の種は暗いところでないと発芽しないのが特徴です。)三日間程経って葉がでてきたら明るい場所に移動して、一週間ほど経てば収穫できます。

http://resale-of-info.info/motediet/archives/597
http://flightnest.com/kaiwaredaikon-249.html
http://www.yasainavi.com/zukan/sprout.htm
http://capybara-news.com/kaiwaredaikon_sodatekata/

料理は苦手ですが、食べることが大好きな主婦です。
食材の知識を増やして、日々の料理も豊かにしていきたいです。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

人気急上昇中!ジンギスカンの美味しい秘密 

satoue

まだまだあります!リンゴと元気の関係。

mokopurin

離乳食にオススメ♪料理にもデザートにも使えるカボチャ

airi

今でも高級なイメージ『巨峰』

uncercle

日本人とウメの関係?歴史を感じる食材です♪

fika (フィーカ)

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧