ハッカとミントは違う?ハッカはジャパニーズミント

北海道に大きな富をもたらしたハッカ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハッカは紀元前から古代ギリシャで生薬として利用されてきました。史上最も古い栽培植物のひとつで、日本にはすでに2000年以上も前に中国から伝わりました。

日本で本格的な栽培が始まったのは19世紀に入ってからです。ハッカはとても生命力の強いハーブなので、比較的どこでも栽培は出来るのですが、北海道の気候と土壌が適していたようですね。明治時代に北海道開拓とともに旭川や北見がハッカの主産地となります。

大豆や小麦に比べてかなり高値で取引されたハッカは、農家の副業として盛んになり、海外産のハッカや合成香料に取って代わられるまでは、北海道の農作物の中心として大きな富をもたらしました。

http://goo.gl/1bpYcs

ハッカとミントはどう違うの?

ハッカ y

ハッカはミントの一種ですが、ミントは見た目も違います。葉の形も違い、ハッカの葉は先端が尖っていて葉脈がはっきりしています。葉の色もミントに比べるとちょっと濃いめです。

元々ハッカという名は中国語の「薄荷」を日本語読みしたもの。ミントと区別する為に「和ハッカ」「日本ハッカ」などと呼ぶこともあります。

ハッカというとスースーするイメージがあると思いますが、それは「メントール」という成分ですね。ハッカはミント類の中でも特にメントールの含有量が多いので、香りがはっきりしているのが特徴です。

http://goo.gl/Hmczqc

食材としてのハッカの効能

ハッカ z

ハッカのメントールはとても清涼感が強いので、覚醒効果があります。ハッカのハーブティーを飲むと目がすっきりして眠気やイライラも吹き飛ばしてくれます。

そして胃腸をすっきりさせてくれる作用もあります。脂っこいものを食べた後や胃もたれが気になる時などは食後にハッカティーを飲むと消化を促進します。つわりのときなどにもこのハッカの香りがお好きなら、お茶を飲むことで少しでも吐き気が収まるかもしれません。

頭痛やめまいの解消にもよいとされており、ふらふらする時などはハッカティーを飲んでゆっくり休むといいでしょう。その他にも、お菓子やアイスクリーム、リキュールの香り付けなどにも幅広く使われています。

http://goo.gl/1GgEih

日本のハッカはとても香りが強いので、好みが別れるかもしれませんが、ミントよりもはっきりした香りがお好きな方にはおすすめです。

 

私たちは食べたものでできている。内側から輝くために、”いいもの””美味しいもの”をたくさん食べようと思う3児の母です。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

ピリ辛!青唐辛子のヒミツ

nayuta

甘くて人気のゴールデンキウイの栄養と美味しさを知ろう!

奈南有花

大根おろしのパワーがすごい!汁までいただきましょう!

ココ

漂うは皇朝の香り、栄華に花を添える黄茶

evaran8

焼肉を巻くだけではもったいない!サンチュを使いこなそう

森 ハンナ

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧