栄養の宝庫 ツルムラサキには薬効もある!

驚きのビタミン含有量!

つるむらさき 1

ツルムラサキは、ハウス栽培だと5月から11月上旬まで手に入りますが、本来の旬は6月から8月の、代表的な夏野菜です。

その栄養価の高さから、薬草として使われてきた歴史があり、現在もジュースやお茶にして薬効が利用されています。

ビタミンA(βカロテン)、葉酸(ビタミンBの一種)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKが豊富に含まれ、特にビタミンKは、1茎食べれば1日の必要量が摂取できるほどです。
ビタミンKは、カルシウムを骨に取り込んだり骨からの排出を防いだりします。
その働きから、骨粗鬆症の治療薬として使用されています。

食卓に乗せる回数を増やせば、骨が丈夫になりそうですね。

http://photo-ac.com/

豊富なのはビタミンだけじゃない!

つるむらさき 2

ツルムラサキには、カルシウムとマグネシウムも多く含まれています。

カルシウムは、日本人に最も不足しているミネラルです。
骨や歯を形成するほか、ストレス、イライラを緩和するといった大切な役割を担っているので、意識して摂取したい栄養素です。

マグネシウムも骨の形成に関わっているので、両方含まれているツルムラサキは、骨を丈夫にするにはにもってこいの野菜です。
そこにビタミンKが加われば、鬼に金棒ですね。

http://photo-ac.com/

カルシウムを活かす食べ方

つるむらさき 3

骨や歯を作る栄養素が豊富に含まれる一方で、カルシウムの吸収を悪くするシュウ酸の含有量も多いツルムラサキ。
でも、シュウ酸の約80%はサッと茹でるだけで除去できます。

たっぷりの熱湯に塩をひとつまみ入れ、1分くらい茹でましょう。
その後、冷水で手早く冷ませば、ビタミン類の損失も少なくて済みます。

ビタミンAとKは、油を一緒に摂ることで吸収が良くなるので、亜麻仁油などの良質な油を少量かけて食べると良いですね

http://photo-ac.com/

味や香りに少しくせのある野菜ですが、豊富な栄養をいただいて、身体の基礎をしっかり築いていきましょう。

http://goo.gl/vFVaR8
http://www.yasainavi.com/
http://goo.gl/iKKaCu
http://goo.gl/SoMYca

FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

木になるゆで卵!?「クラウドナインナス」が気になる!

Alice

メロンパン?サンライズ?この違い、知ってる??

shiori

スパイスの女王”カルダモン”とは?

fika (フィーカ)

じわじわ注目を集めるメローゴールドの魅力に迫る!

bluesea

たくさんの種類がある「ウリ」

uncercle

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧