赤ちゃんから大人までおすすめの麦茶。でも冷やしすぎにはご注意!

麦茶の効能はご存知ですか?

麦茶 1

麦茶の材料である大麦は体を冷やす効果があることは、昔から伝えられてきました。暑い夏に冷たい麦茶を飲むことで火照った体を冷やすことができますので、熱中症対策にはもってこいの飲み物ですあり、他にも以下のような効能があります。
1.胃を守ってくれる
胃の粘膜を守ってくれる成分が含まれていますので、胃潰瘍を予防してくれます。
2.血行促進
原材料である大麦をローストする際に作られる「ピラジン」が血流を良くしてくれます。
3.抗酸化作用とガン予防
「Pクマル酸」という成分が肥満や糖尿病を予防するだけではなく、発ガン性物質に対しても絶大な効果があります。
以上の効能を考えれば、習慣的に摂取したいところですね

http://goo.gl/VWC0f

赤ちゃんにもおすすめの飲料

麦茶 2

麦茶は他のお茶と違い、カフェインが含まれないため赤ちゃんに飲ませる飲み物として推奨されています。与える時期としては、早い赤ちゃんなら生後4ヶ月から、遅めの赤ちゃんでも生後6ヶ月くらいからといわれています。もちろん赤ちゃんは、母乳やミルクから水分補給できますので、必ずしも飲ませないといけないということではありません。しかし、離乳食と同時だと良い理由は、麦茶のもうひとつの効能である虫歯予防効果にあります。乳歯が生える頃に始める離乳食ですが、何もせずそのままにしておくと食べかすが残り、虫歯の原因になることがあります。そんな時に麦茶は活躍してくれます。もちろん、大人にも虫歯予防効果はあります。

http://goo.gl/ij7vXo

気をつけたい麦茶の副作用

Stomach problem

赤ちゃんから大人まで幅広い年齢層におすすめの麦茶ですが、どの飲み物でも同じように注意点がいくつかあります。カフェインが含まれない麦茶は、妊娠中や授乳中のお母さんにもオススメなのですが、キンキンに冷え過ぎた麦茶はお腹を下し、冷え性を誘発する恐れがあります。また、麦茶に含まれる亜鉛やリン、カルシウムなどのミネラル類の他に食物繊維やタンパク質、リノール酸などの成分は冷やし過ぎた状態で摂取すると、胃や腸に悪影響を及ぼすこともありますので注意が必要です。また、冷え過ぎた麦茶を体内で尿に変えようとする際にいつも以上に膨大なエネルギーを必要とし、体の代謝を乱して夏負けを誘発する恐れもあります。

http://www.gettyimages.co.jp/

麦茶はカフェインが含まれないため、人間の1日の水分摂取量である2l摂取しても何ら問題はありません。こまめな水分補給を麦茶で行い、暑い夏を乗り切りましょう!

http://goo.gl/tGomGI
http://goo.gl/MzMJqf

食べることも作るもことも大好きな一児のパパです。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

トウモロコシは野菜ではなくて主食なんです

奈南有花

今が旬!懐かしさ感じる味わい 四川キュウリ

sana

世界最小!!進化するトマト☆マイクロトマト

Alice

日本のハーブ 『ヨモギ』

uncercle

野菜の赤ちゃん!スプラウトに大注目。

たろう

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧