美容と健康だけじゃない!タマリンドは万能フルーツ

タイ料理の必需品

tamarind-636962_640

熱帯アフリカ原産の豆科の植物で、インドや南アジアで多く利用されることから、インディアンデーツとも呼ばれています。
樹皮や葉、花、果皮、果肉、種と、すべてに効能があり、捨てるところがないと言われています。

果実はソラマメに似た形で茶色く、長さは10cmほど。
その果肉には甘いものと酸っぱいものがあり、甘い方はお菓子やジュースに、酸っぱい方は料理の酸味付けに使われます。
タイ料理に使うと、辛みを和らげてもくれる優れものです。

種子をコーヒーのようにして飲んだり、樹皮や葉、花などを薬にしたり、金属を磨いたりと、広い用途を持ちます。

https://pixabay.com/ja/photos/?q=

嬉しい効能

exotic-69403_640

タマリンドの酸味成分は、酒石酸とクエン酸です。
これらの酸は、疲労物質である乳酸を分解排出するので、疲労回復に効果があります。
また、体をアルカリ性に保ってくれます。
その結果、血液がサラサラになって血流が良くなったり、活性酸素の発生が抑えられ老化が予防できたりします。

酸は新陳代謝を良くしてくれるので、美肌効果があるのも嬉しいところです。
タマリンドの果肉を湯で溶いて滑らかにしたもので、顔やかかとをマッサージするとツルツルになるのだとか。
一度お試しあれ。

https://pixabay.com/ja/photos/?q=

日本ではどう使われている?

796496fa1f61e759e939d85367121f25_m

日本では馴染みの薄いタマリンドですが、実は、知らず知らずのうちに口にしているかもしれません。

メジャーなところではウスターソース。
原材料の果実に、タマリンドが使われることがあります。

そして食品添加物。
種子に含まれる糖で、タマリンドシードガムという増粘剤が作られています。
また、種皮にはポリフェノールの一種であるタンニンが含まれており、天然色素として食品に添加されています。

タイ料理が好きでよく食べるなら、もうお馴染みですね。

http://www.photo-ac.com/main/search?q=

タイ料理だけではなく、ステーキソースなど一般的な料理にも合うようです。
甘い実は、干し柿に似た食感と味だそうです。
日本人にも違和感なく食べられそうですね。

http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/tamarind/
http://www.bangkoknavi.com/special/5000948
http://chiangmaitravel.jp/blog/cat2/post-63.html
http://chiangmaitravel.jp/blog/cat2/post-63.html

FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

冷えに生姜湯はNG…!?ショウガは調理法によって効果が違う!

マリケイ

赤い実からのぞく宝石のような赤いつぶ

uncercle

キワノってどんな果物?

たろう

しゃきしゃきした食感、身近な中国野菜『チンゲンサイ』

uncercle

日本古来の食材~大豆~

misaki

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧