ちょっと不思議な食べ物アケビって?

実は日本人におなじみのアケビ

akebimein

アケビはつる性の落葉低木で、9~10月に食べ頃となる10cmほどの実をつけます。熟れるとぱっくりと二つに割れ、中身が見える状態になるのが特徴です。

今でこそあまり馴染みがありませんが、各地の山に自生する植物として、昔から日本人に親しまれてきました。特に東北地方では盛んに料理に利用され、山形県ではお彼岸の時期に仏壇にも供えるといいます。因みに、現在のアケビの生産量の9割近くを占めているのが山形県産です。

http://goo.gl/WNqnxm

名前の由来とほのぼのエピソード

se-363

アケビの名前の由来には諸説あり、一つは熟すとぱっくり割れるため「開け実」から転じたというもの、または二つに割れているさまがあくびをする姿を連想させるのでこの名になったというものなどがあります。

秋になると山の中で実をつけるアケビは昔、山遊びに来た子供たちのかっこうのおやつとなっていました。種を包み込むゼリー状の部分がほんのりと甘く、遊び疲れたときにもいで食べるとちょうど良かったようです。

http://goo.gl/ZUZx4i

アケビの美味しい食べ方

64601579

甘みのある果肉は生食でも美味しくいただけます。多く内包されている種は食べられないので注意しましょう。

果皮にはやや苦みがあり、よく肉詰め、味噌炒め、天ぷら、素揚げなどにされます。淡くきれいな紫色をしているので、それを生かし料理の器として用いられることも。

アケビの実は秋に熟しますが、春の若芽も東北地方では山菜として親しまれており、主におひたしにしていただきます。またお茶の原料にもなっていて、アケビ茶として飲まれています。

http://goo.gl/s7Y7UA

あまり出回らなくなった今、希少な果物として改めて注目を集めているアケビ。ちょっと不思議な見た目ながら、実は美味しいアケビを是非手に取ってみてくださいね。

http://goo.gl/RLhOIE
http://goo.gl/wXWjYv
http://goo.gl/x6BomA

健やかで心地よい暮らしを志しています。自然派料理や食材にも興味津々です。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

ピスタチオを食べて健康的にダイエット!

satoue

そらまめの美味しさは3日だけ!?栄養たっぷりのそらまめ

奈南有花

肉好き必見!赤身肉と霜降り肉を徹底比較!ダイエット効果ってほんと!?

リボン

干物で美味しいイボダイは酢締めにしてお寿司にもピッタリ!

奈南有花

ヨーロッパからやってきた♪マッシュルームを知りつくす!

Marie

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧