離乳食にオススメ♪料理にもデザートにも使えるカボチャ

カボチャの栄養

eiyou2

カボチャは、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、セレン、食物繊維。この6つが代表的な成分で、中でもβカロテンが特に豊富です。βカロテンは、風邪やインフルエンザなどに効果的で免疫機能を高めて、病気にかかりにくい体にしてくれます。

http://yasaitakuhai-tuuhan.com/?p=1293
http://www.lettuceclub.net/recipe/dictionary-food/131/

離乳食初期から使える♪

image (16)

ほくほくとお菓子のような甘さが特徴のかぼちゃは、カロテンやビタミンがたっぷりの緑黄色野菜。ペースト状にしやすいので、離乳食でも様々な応用がききますよ。鮮やかな黄金色で、見た目にも美味しいかぼちゃの離乳食。初期・中期・後期と、進み具合に合わせて作ってみてください。

http://192abc.com/43729
http://192abc.com/45923

離乳食の下ごしらえ

image (17)

かぼちゃは、たねとわたを取り除いたら、やわらかくゆでます。ゆでたら皮を取り除きます。初期は、ゆでたかぼちゃをマッシュして、製氷皿に入れて冷凍、または冷凍保存袋に入れて箸などで折りすじをつけた状態で冷凍します。中期から完了期は、ゆでたかぼちゃを離乳食の時期に合った大きさに刻んで1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。または、1食分の大きさの角切りをラップに包んで保存、レンジで解凍後に使いたい大きさに刻んだりしてもOK♡

http://192abc.com/45923
http://rinyu-recipe.com/reitou-yasai/

カボチャの選び方

image (15)
丸ごと1個の場合は、緑色が濃く、ずっしりして重量感があるものを選びましょう。かぼちゃは収穫してからしばらく熟成させたものの方がおいしくなるので、ヘタのまわりがくぼんでいたり、ひびが入っているものは完熟しているよいかぼちゃです。丸ごとであれば、風通しの良い涼しいところで長期保存できます。半分に切り売りされているものは、種がしっかりつまっていて肉厚で色が鮮やかなものを選びましょう。保存するときは、種とワタを取り除いてからラップをし、冷蔵庫の野菜室で保存します。

http://www.secom.co.jp/sp/bishoku/shokuzai/no51.html
http://www.yc.zennoh.or.jp/web/shoku/0407_1.html

栄養満点で調理しやすいカボチャで、離乳食を始めてみましょう♪

食べる事も作る事も好きな新米主婦です♪
お料理お勉強中です!
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

アンチエイジングやダイエットに! チアシードを知ろう

あずさゆみ

大人の苦味〜カクテルには欠かせないライム

奈南有花

ストレスに強い果実!フェイジョアとは?

Alice

嬉しい効果がたくさん!ハトムギの魅力

halea25

春の食卓を彩るグリーンピースをもっと美味しく!

奈南有花

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧