夏の風物詩・水ようかん〜冬に食べる地域もある!?

水ようかんとようかんは何が違う?

item_photo23

夏になると目にも涼しげな水ようかんが美味しいですね。この水ようかん、ようかんとはどのような違いがあるのでしょうか。

ようかんは小豆と砂糖、寒天で作られます。あんこを寒天で固めたものだと思えば良いでしょう。では水ようかんは、というとようかんよりも水分が多く、寒天が少ないのでプルプルの食感になります。

つるりとしたなめらかなのどごしで、ようかんよりもさっぱりといただけるのが特徴です。

http://goo.gl/Ej9S44

水ようかんはいつから食べられてる?

minanogawa2016item01

水ようかんの始まりは江戸時代の中期頃だと考えられています。その前から練りようかんというものが食べられていましたが、最初は寒天でなく葛(くず)が材料として使われていたようです。

その練りようかんに水分を加えてできたのが水ようかんだと考えられています。たまに粒あんのものもみかけますが、こしあんを使うのが主流です。

他にも、京都に奉公に来ている丁稚が奉公先の練りようかんを改良したなどの説もあります。

http://goo.gl/u1Qidd

水ようかんの意外な食べ方

photo_history02

水ようかんというと関東では夏の風物詩ですが、福井や京都、岐阜、滋賀などの近畿・中部地方では、冬に水ようかんを食べる風習があるそうです。

なぜ冬に食べるようになったのかは諸説ありますが、温かい部屋で冷たい水ようかんを食べるのも美味しそうですね。

そしてこの水ようかん、水分が多いので凍らせて食べるとあずきバーのようになるんですよ。材料を考えれば小豆のアイスとあまり変わらないので、どの水ようかんでも大丈夫ですが、冷たいと甘味を感じにくいので甘めの水ようかんが向いているかもしれません。

http://goo.gl/d0mdre

水ようかんは関東ではもっぱら夏に食べるものという認識だったので、冬に食べる地域があるというのは知りませんでした。でもこたつでミカンと水ようかん、というのも美味しそうです。

https://goo.gl/gMoI9z
http://goo.gl/VbbW5W
http://goo.gl/qHtP6A

私たちは食べたものでできている。内側から輝くために、”いいもの””美味しいもの”をたくさん食べようと思う3児の母です。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

甘い香りも人気のバニラ

uncercle

ケガニのアレやコレやを知れば何倍もおいしく食べられる!

戸塚の海人

スイカは捨てるところがない!皮も種も全部食べよう

奈南有花

しっとりみずみずしいカボチャ♪ズッキーニを食べたくなる魅力

yuri

お米をつめてると思ってました!イイダコ

uncercle

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧