ジャスミンとマツリカの違いって?ジャスミン茶のできるまで

ジャスミンは世界中に300種類もある

jasmine03

ジャスミンはモクセイ科ソケイ属の植物の総称で、世界中に約300種があると言われています。アジアやアフリカの亜熱帯地方が原産で、そのほとんどは観賞用に栽培されています。いくつかの種では花の強い芳香が香水やジャスミン茶の原材料として用いられるため、大規模に栽培されています。芳香の主な成分はジャスモン酸メチル、ベンデルアセデート、リナロールなどで、自律神経の緊張緩和効果があるとされています。 

http://goo.gl/r1S2UB

マツリカとはジャスミン茶の原料のジャスミン

S03_03

ジャスミン茶の原料として用いられているのはマツリカという品種で、インドやイラン、東南アジアで自生しています。唐の時代にはシルクロードを経てイランから中国に伝わっており、中国でも大規模に栽培され、ジャスミン茶の生産もさかんです。13世紀の南宋時代にはジャスミンの花をお茶に用いるようになったと言われています。明の時代にジャスミンの花の香りをお茶の葉に吸着させる技術が確立され、清の時代に大規模な生産が始まりました。 

http://goo.gl/r1S2UB

最高級のジャスミン茶、飲んでみたい!

main

 

ジャスミン茶はジャスミンの花そのもののお茶という訳ではなく、ベースとなるお茶の葉にジャスミンの花の香りを吸わせて作られます。低い品質のジャスミン茶にはジャスミンの花が混ぜられてこともありますが、上質のジャスミン茶は香りの強い3月に摘まれた一番花の香りを十分に茶葉と混ぜ合わせて吸わせるので、花自体は製品に混じっていないそうです。ベースとなる茶葉にはプーアル茶や緑茶が用いられており、最高級のジャスミン茶を作るためには茶葉と同量のマツリカの花が必要とされています。

https://goo.gl/KzocLb

ジャスミンと名前のついている植物でも毒があるものもあるそうなので、いい香りがして安易に口にしないよう注意してくださいね!

http://goo.gl/5GXE6F

健康が気になる今日この頃。美味しくてカラダにいい食習慣を探して模索中です。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

もやしは野菜の名前じゃない!?もっと知りたいもやしの秘密

奈南有花

中濃、とんかつ、ウスター…ソースの違いを知って使いこなそう!

goldblue

どうしても熟してないと思っちゃうよね。白いイチゴ。

uncercle

かわいいだけじゃないんです!スターフルーツのひみつ。

nonno

キュウリ?なす?ズッキーニって本当は!?

W0mbatNuts

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧