どんなかぼちゃ?鶴首かぼちゃ?

伝統野菜?鶴首かぼちゃって?

product_1430793252_2450

鶴首かぼちゃは日本在来の伝統野菜として大切に育てられており、鶴のような首が特徴です。日本在来の品種とされていますが、その発祥地は不明です。かぼちゃの発祥は北アメリカ大陸とされています。北アメリカ大陸から世界を渡りながら、さまざまな色や形や味に変化してきたそうです。鶴首かぼちゃもその一つではないでしょうか?そんな謎めいた鶴首かぼちゃを今回はたどってみたいと思います。

http://goo.gl/wFnqup

おいしい食べ方は?

20110331_psoup

鶴首かぼちゃの名前は形が細長く鶴の首に似ていることから名づけられました(へちまかぼちゃと呼べれることも)。日本には古くから冬至にかぼちゃを食べて厄払いをするという風習があり、そこでも在来種として親しまれてきたようです。鶴首かぼちゃは年々栽培量が減っていますが、日本在来かぼちゃとして食べ続けられています。そんな鶴首かぼちゃは、一般的なかぼちゃよりポタージュやお菓子などに最適な個性を持ち合わせています。水分が多く粘質で甘味が少ないので、素朴な味を引きだす料理がおいしい食べ方といえるでしょう。もし見かけたら、一度ためしてみてはいかがでしょうか?新しい発見ができるかぼちゃです。

http://goo.gl/zQw8PM

かぼちゃのお話いろいろ

Cucurbita_moschata_Butternut_2012_G1

私たちが日常に食べているかぼちゃは、ほとんど西洋かぼちゃです。その中にバタースクワッシュという名のかぼちゃがあります。姿がそっくりで味もとてもよく似ています。北米やラテンアメリカなどの国では、日常的に幅ひろく食べられているようです。もしかしたら、そのかぼちゃが鶴首かぼちゃの原点なのかもしれません。世界をめぐり、ポルトガルから日本にたどり着いて保存性の高い野菜として長きに渡り、活躍し形を変え日本在来の品種の鶴首かぼちゃになったのかもしれませんね。

https://goo.gl/99525P

伝統野菜を大切に育て、それを伝承し続けることは、とても大変なことです。その伝統野菜をもっと知り、大切に食べ続けたいです。

食材は料理をモードする クラシックな料理大好き♪
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

小さくても”シシトウ”のパワーを堪能しよう!

Piccolino

クールドブフというトマトを知っていますか?

奈南有花

日本人とウメの関係?歴史を感じる食材です♪

fika (フィーカ)

実はほとんど渋柿!?おなじみの柿の素顔

world_ray

チョコでよくみかけるマカダミアナッツって何者?

fika (フィーカ)

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧