見てびっくり!飲んでびっくり!中国緑茶

緑茶=どれも似たり寄ったりではない。

邱題幻・・jpg

緑茶と言えば日本茶ですね。おばあちゃんの家によくあるアルミの茶筒に入った、あの細長~い茶葉・・・あの茶葉で淹れた緑茶はいつ飲んでも落ち着く、日本人の故郷の味であると言えます。
しかし日本中のどこで緑茶を飲んでも、画一的な味だと思ったことはないでしょうか。
実は日本で生産されている緑茶は、製造工程で必ずと言ってよいほど「蒸す」工程を経て商品化されています。これにより、茶水の風味がまろやかで優しい「あの味」が作られていると言っても過言ではありません。
今回はその優しい日本緑茶のイメージを覆す、香ばしくてユニークな中国緑茶をご紹介いたします。

http://goo.gl/DAQRcg

緑茶に無いはずの香ばしさがやみつきに!!

邱題幻・・jpg2

そもそも緑茶を製造する場合、畑で収穫された茶葉は必ず加熱加工されます。
これは緑茶の特徴たる瑞々しく爽やかな風味を残す為に欠かせない、茶葉の酸化を防止する殺青(サッセイ)と呼ばれる工程です。
この工程において、日本だと蒸気の熱でじっくり「蒸す」製法が採択されている為、淹れた時にほわっとした優しい香りが立ち上るのです。しかし代表的な中国緑茶は鉄の鍋で「炒る」製法で加熱されるが故に、茶水からは香ばしいかおりが立ち上り、日本緑茶よりも強く苦みと甘みが出ている茶葉が多くあります。
この他中国緑茶には籠に広げられて火で焙られたもの、日本のように蒸されたもの等が存在し、商品ごとに風味に大きな差異があります。

http://goo.gl/1uZ9Ft

個性的な中国緑茶二選~炒ったもの、焙ったもの~

green-chinese

では特徴的な中国緑茶を二つ挙げてみましょう。
中国国内外でも流通量が多く、炒られた時の香ばしさが特徴の「龍井(ロンジン)」。
浙江省の西湖周辺産が最高等級とされており、茶葉の外観は扁平で小さめです。清の乾隆帝のお気に入りであり、日本茶と飲み比べてみるとその違いが如実に感じられます。
また焙ったものの代表としては「太平猴魁(タイヘイコウカイ)」が有名です。
他の緑茶とは異なる柿大茶種と呼ばれる葉が大きめの茶樹から摘まれた茶葉から作られ、その特徴的な葉を生かすようにローラーでぴっちりと伸ばして成形される珍しい一品。焙ったが故に香ばしく、おまけに花の香りまでほのかに漂うという極めて珍しい緑茶です。

https://goo.gl/AGPagm

中国緑茶は日本茶と比べて個々の商品ごとに特徴があります。
浙江省/安徽省/江蘇省と幅広く生産されており、その形状も味も様々です。
まだ見ぬお気に入りの茶葉がきっと沢山あることでしょう。

http://www.chinatea.co.jp/
http://goo.gl/TkWm3P

FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

サワラは美味&栄養満点!刺し身、西京漬けを食べよう!

戸塚の海人

リスボンレモンって、どんなレモンのことか知ってる?

奈南有花

秋の味覚代表の秋刀魚は万能食品!

MINTO

シラス?ジャコ?その違いと意外な楽しみ方

ちっちど

かまぼこは魚のファーストフード&ヘルシーな食べ物!

奈南有花

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧