ミョウガは漬け物にして保存!脳の活性化にもなる?

ミョウガはそのまま食べても美味しい

Myoga

薬味として人気のあるミョウガは、香味野菜でおなじみの生姜の仲間です。スーパーで売られているピンク色の部分は「花ミョウガ」と呼ばれていて、地表に出てきたつぼみの部分です。

また、夏に採れるミョウガを「夏ミョウガ」、秋の採れるものを「秋ミョウガ」と季節で分けて呼ぶこともあります。冷や奴だけでなく、温かいお鍋やうどんに入れても美味しいんですよ。

新鮮なミョウガをそのまま味噌をつけてもろきゅうのようにして食べるのものおすすめです。そのまま食べるのはなじみがないかもしれませんが、ミョウガ独特の香りを楽しむなら、生で丸かじりもいいですよ。

https://goo.gl/7QclJU

ずっと美味しく食べられるミョウガの保存法

original.jpeg

千切りにして、重ならないようにジップロックなどに入れて冷凍しておくと、薬味としてちょっとだけ欲しい時に、使いたい分だけ取り出せるので便利です。

または、らっきょうのように甘酢漬けにしたり、塩漬けや醤油漬け、味噌漬け、シソ梅酢漬け、ピクルスなどにしておくと、漬け物感覚で楽しむことが出来ます。

生でも美味しいですが、色々な調味料を使って保存しても美味しくいただけるのがミョウガの魅力です。ミョウガがたくさん採れたら、薬味に、つまみに、お漬物にと大活躍ですよ。

https://goo.gl/EiPpBa

バカになるどころか栄養豊富なミョウガ

20150913闌苓差-005.jpeg

ミョウガを食べると物忘れがひどくなる、バカになるといわれてきましたが、もちろん迷信です。バカどころか、脳を活性化させるともいわれているんですよ。

ミョウガのすっきりした香りの秘密はα-ピネンという香りの成分です。この香りが脳を刺激して集中力もアップするといわれています。

他にも、血行を良くしたり、食欲増進などの効果もあり、夏バテしているときやエアコンで身体が冷えてしまった時にもおすすめです。ビタミンB1、B2、C、カリウムなども含まれており、薬味というよりは野菜として食べて欲しいですね。

http://goo.gl/6a2pnx

独特の香りが夏らしいさわやかさを感じさせてくれるミョウガ。生姜との組み合わせも美味しいですね。食欲のない時でもその香りでご飯がすすむかもしれませんよ。

http://goo.gl/DGf1dM
http://goo.gl/J27STA

私たちは食べたものでできている。内側から輝くために、”いいもの””美味しいもの”をたくさん食べようと思う3児の母です。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

栄養の宝庫!たっぷり脂の乗った秋刀魚で秋の味覚を楽しんで

goldblue

ドリアンにうりふたつ!?ジャックフルーツとは?

Alice

新鮮なアジを釣って食べよう!冬は開きがおすすめ!

戸塚の海人

ルバーブ、真っ赤な茎をいただきます!

FUMIE KUMAGAI

暑い季節にぴったりなウリとは?

fika (フィーカ)

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧