実は希少な桜えび!美味しい情報を教えちゃいます♡

桜えびは国内では駿河湾だけ!

譯懈オキ閠・シ・jpg

スーパー等で気軽に買える桜えびですが、実は世界的にみると非常に希少な生物なんです。日本国内では静岡県駿河湾でだけとることが出来、特産品となっています。駿河湾の地形は独特な構造で、桜えびが育つのに最適な環境なんです。主に富士川・安倍川・大井川と何本もの河川から清流が流れ込み、淡水と海水の混ざる河口付近に群れで生活しています。昼間は水深200〜300mくらいの場所にいますが、夜になると20〜50mくらいに浮上します。また、桜えびは学術的にも貴重。寿命は1年で、夏に2000個くらいの卵を産んで1月頃には4cmくらいに成長、夏に卵を産んで一生が終わります。世界中の学者が今でも研究対象としているんです。

http://goo.gl/qSBj0c

桜えびの美味しいメニュー♪

譯懈オキ閠・シ・jpg2

春に揚がる旬の桜えびは絶品!まずは生で旨味を存分に味わいたいところ。洗ってレモン汁を絞るだけでいただけます。贅沢に桜えびと白米だけで食べるのも良し。お酒のツマミやサラダにもピッタリ。サッと火を通せば和え物や酢の物にも◎生の桜えびを100度のお湯で軽く煮る釜揚げ桜エビも良いですね。餃子やシュウマイ等、様々なお料理に使えますよ。この時、酢洗いや塩水洗い、レモン汁をかけることで桜えびの旨味を逃がさない効果があります。かき揚げにして丼で食べるのも人気があります。お好みの食べ方で桜えび独特の食感をお楽しみ下さい。

https://goo.gl/IdpPtM

知っててお得、なるほど情報!

譯懈オキ閠・シ・jpg3

桜えびの旬は4月〜6月と10月〜12月。初夏から9月までの繁殖期は禁漁で、冬になると深い場所にいるので休漁になります。
江戸時代から小さくて美しいエビがいることは知られていましたが、桜えび漁がはじまったのは894年(明治27年)と比較的最近の出来事なんです。体は透明なのですが、赤い色素を多く持っているので全体的にはキレイな桜色に見え、名前もそこから付けられました。桜えびには豊富な栄養素が含まれており、特に日本人に不足しているカルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅が豊富で、他のエビと違い丸ごと全て食べられます。

http://goo.gl/1VnXqi
https://goo.gl/A3JNL
http://goo.gl/ubJWGQ

18歳から世界中を旅しています。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

そうめんふしって、そうめんと何がどう違うの?

ふじなみまき

美容と健康維持には欠かせないキウイの魅力に迫ります!

Alice

高級フルーツのメロン!おいしく食べるコツを伝授しちゃいます!

ふじなみまき

栄養の宝庫 ツルムラサキには薬効もある!

グリーンナッツ

カキは美肌やアンチエイジングにも効果あり!

ちっちど

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧