地味だけど…実はスーパーフード!ぜひ知って欲しいもずくの実力

もずくにはどんな効果があるの?

43a0d9388fcf428f559dc38c75c8426d

もずくは別名イトモズクと言い、褐藻綱ナガマツモ目モズク科の海藻です。
体に良いと言われる海藻ですが、その中でももずくは…

・コレステロール・中性脂肪を減少し、糖尿病などの生活習慣病を予防
・食事前に食べることで血糖値上昇を防ぐ
・免疫力を高めガンを予防
・胃潰瘍の原因となるピロリ菌を抑制
・内臓脂肪を燃焼するダイエット効果
・強い抗酸化力により活性酸素を抑えるアンチエイジング効果

…等々、数多くの効果を持つスーパーフードなんです!

その秘密は「フコイダン」というもずくのヌルヌル成分。
これは水溶性の食物繊維の一種で、もずくはこのフコイダンが海藻類の中でダントツに多く、ワカメやメカブの約3倍も含まれているんです!

http://goo.gl/KvYOCp

ガンの代替治療にも!フコイダンの三大作用とは

power01

もずくに含まれるフコイダンには「フコイダンの三大作用」と呼ばれるガンへの健康効果があります。

1つ目はアポトーシス誘導作用。
古い細胞は自ら死滅するよう遺伝子にプログラムされており、これをアポトーシスと言います。
ガン細胞はこのアポトーシスが働かず増殖するのですが、フコイダンはガン細胞のアポトーシスを活性化してくれるのです!

2つ目は免疫力増強作用。
フコイダンは免疫システムで重要なNK細胞の活性化作用があり、ガンへの免疫力を高めてくれます。

3つ目は血管新生抑制作用。
ガン細胞は血液の栄養を得る為に、血管を作り増殖します。フコイダンはこの新しい血管が作られるのを抑制し、ガン細胞の増殖を抑えてくれるのです。

http://goo.gl/A1MjkE

もずくの効果的な食べ方は?

db8559430c3ef1c86e44eb91998bcd24f5883360-86-2-3-2

もずくにはフコイダン以外にも、ミネラル(カルシウムやマグネシウム)・カリウム・ビタミンA・葉酸・アルギン酸などが含まれています。
特にカルシウムはもずく100g中22mgと、牛乳100mlと同程度ながらカロリーは6kcal!
カロリーを抑えつつ栄養を摂れる為、ダイエットの強い味方です。

またフコイダンはお酢と一緒に摂ると吸収されやすく、食事の15分前にもずくを食べる事で脂肪吸収を抑えられます。
お酢が苦手な方はスープに入れると、加熱されたフコイダンが溶け出して吸収力が高まりますよ!

もずくの摂取量は1日約200gが目安。
塩分が気になる方は、天然の塩もずくを購入して塩抜きして食べるのもオススメです。

http://goo.gl/3g7E41

ちょっぴり地味な見た目に反して、驚くほど健康効果の高いもずく。
もずく酢以外にも天ぷら、スープなど簡単なアレンジレシピも豊富なので、
毎日の食卓にぜひ一品加えてみてはいかがでしょうか。

http://goo.gl/KvYOCp
https://goo.gl/RCeFOV
http://goo.gl/B5fg1m

空や海を眺めるのが好きです。産直野菜をよく食べています。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

あのつぶつぶは何?ケーパースは花のつぼみです

奈南有花

河童も白キュウリがお好き?

Piccolino

桃の親戚!不老不死に?!ネクタリン!

ふじなみまき

冷やすとアイスと呼ばれる魔法の果物チェリモヤ

Takahiromaru

パルミラフルーツはデザートのトッピングに使えるヤシの実

奈南有花

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧