実は知らない。”もつ”と”ホルモン”って実際何が違うのー?

”もつ”と”ホルモン”どう違うのー?

question-mark-beef-400x400

「もつ」は、臓物のことで、など様々な内臓の総称として使われています。「ホルモン」は、一般的に牛や豚ののことをいいます。

かつて、正肉以外(・腸・など)は全て廃棄しており、関西地区で「放るもん」から「ホルモン」と呼ばれるようになったといわれています。そのため、関東地区では「ホルモン」よりも、「もつ」呼ばれることが多いようです。

http://lowch.com/archives/2055
http://mysterymeet.org/boston/

冬の鍋といえば・・・もつ鍋!

ce24efc38fba024b12b5182f03536717_s

「もつ」とは畜産物(主に牛・豚・鶏)の臓物(ぞうもつ、内臓部)、すなわち腸以外に胃や心臓、肺など様々な部位の総称です。

「もつ」は大きく分かれて3つあり、代表的なものとして「牛もつ」「豚もつ」「鶏もつ」。

特に牛もつのうち「赤もつ」と呼ばれるものは牛の肝臓であり、一方の豚もつのうち「白もつ」と呼ばれるものは豚の内臓です。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%E2%A4%C4

食感がたまらないホルモン♪

cc8e53323a3b5557daae6c1c6d0c2729_s

「ホルモン」という名前の由来には2説あります。

1.「方言」
ホルモン焼きの「ホルモン」は、今では牛や豚の内臓全般のことを言ったりしますが、昔はこの部分は食べることなく、毎日捨てられていました。

元々は捨てていた部位だったので、「放るもん=ほるもん=ホルモン」と呼ばれたそうです。

2.「イメージ戦略」
食べるとおいしくて、エネルギーにもなるホルモン料理ですが、当時、臓物料理はやはり印象が悪かったようです。

そのため、「体に活力を与える」イメージを訴求し、生理活性物質のホルモン(hormone)にあやかってこの名前にしたという説があります。

http://wbsk.jp/knowledge/name.html

食べるものが大好きな大学生です。
ヨーロッパ中のご飯を食べ尽くしたいです。
FavoriteLoadingお気に入りに追加
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
CUiSiNE [キュイジーヌ]の最新情報をお届けします
300x250
300x250
関連するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

カテゴリ一覧

過去の人気記事

過去の人気記事をランダムでご紹介♪

梅雨の時期しか手に入らない青梅で疲労回復!

奈南有花

食べ出したら止まらない!落ちて実って落花生

ふじなみまき

見た目はまるでヘビの皮?スネークフルーツはどんな味?

奈南有花

お刺身、にぎり寿司の定番ホタテ!女性には強い味方の栄養食品!

MINTO

ちまたで噂のスーパーフード、カカオニブの健康効果

あずさゆみ

» 新着まとめ一覧

新着まとめ

最新のまとめをチェック♪

タマリロって知ってる?くせになるその味とは?

奈南有花

不思議な野菜、アーティチョークってどこを食べるの?

satoue

進化したジャガイモ”シャドークイーン”

Piccolino

うなぎの蒲焼きに欠かせない山椒は日本古来のスパイス

奈南有花

頭部のお肉で一番美味しい!?「カシラ」ってなに?

網野新花

» 新着まとめ一覧

人気のトピック

食材の旅に出よう♪

» トピック一覧準備中

300x250

» お気に入り記事一覧